Caltivation Scape

第25回日新工業建築設計競技 課題「耕す人の家」1998年 3等(応募総数275案)
審査委員長:香山壽夫 審査委員:長谷川逸子、北河原温、岸和郎、佐野吉彦、相臺公豊

耕す人の家 〜caltivationscape
15世紀ベネチアのアルヴィーゼ・コローナは簡素な田園生活こそ古代の理想であると論文「慎ましい生活について」(Disorsi vita sobria)のなかで提唱した。土地の耕作は天地創造に比較しうる神聖な仕事とみなされていたのである。16世紀パラーディオはヴェネト地方にvilla rustica(農業共同体としてのヴィラ)として、この理想をモデルとしたのである。

耕す人の家を、農業の理想モデルのなかに構想する。
星座形に配置されたvilla ructica(耕す人の家)は、ひとつの経済的に自立した農業共同体であり、それらの集合は、大地に天球を投影している。それは大地の場所に唯一固有のLandscapeであると同時にgroundscapeとなり、大地に時を刻み、物語を刻む耕す人の理想郷となるのである。


 

dpaはUNHCR協会を通じ難民などの支援をしています
Copyright©2002-2019 dpa,inc. All rights reserved.

TOP PAGE  l  PROFILE  l  WORKS  l  BLOG ACHIVES  l  CONTACT  l  PROCESS  l  LINKS  l  WATER WALK 

News

井戸掘り体験会W.S
2015年6月6日土曜日にdpaアトリエの前庭にて井戸掘り体験work shopを開催します。dpaではかねてより「水」をコンセプトとして建築づくりを研究しています。井戸掘りは地下水利用による建築を設計するためのデータ収集用に設置することにしました。
ご興味ある方は6月6日に井戸のある住宅の展示も予定しいますのでご覧いただき、ご指導、ご意見いただければ幸いでございます。
当日、直接来ていただいてもかまいませんし、作業をしたい方はフォームにてご連絡下さいませ!
6月6日の予定
9時より準備作業、掘削開始
12時〜13時昼食
13時〜16時掘削作業
協力:シップスレインワールド株式会社
未来をのぞく住宅展
下記イベントに参加します!
ご来場をお待ちしています。
ASJ東京中央スタジオ
武蔵野市民文化会館 展示室
3/20(土)12:00〜18:00
3/21(日)11:00〜18:00
入場無料(終了しました)
リニューアル中
昨年12月末よりホームページをリニューアル中につき2月中はコンテンツの追加や内容の改訂などが多数ございますがご了承下さい。
リノベーション×建築家
ASJ武蔵野スタジオ
小金井市民交流センター B1・市民ギャラリー
東京都小金井市本町6-14-45
1/31 (土) 11:00~18:00 
2/1 (日) 11:00~18:00 入場無料 (終了しました)