岩槻の家の土地探しと設計過程

岩槻の家 土地探しと設計過程 その1 

これが今回の建て主が購入した土地です。一般の人が気になるのはこの土地で自分たちの家づくりの条件にあったものが建築可能ということでしょう。

わたしたちがこの土地で事前に建て主からヒヤリングした条件をもとに検討した資料です。事前にヒヤリングしていた条件をもとに家のボリュームを想定し、建坪率、道路斜線、北側斜線、絶対高さなどを入れながら、この土地で日照を確保する為のボリュームを検討しました。ヒヤリングした条件の家を建てるのに問題ないことがわかりました。

ボリュームスタディのもとになっているラフプラン、ヒヤリングした条件を満たす間取りを作成している。

土地の特徴は道路が北側と言うことです。都心の狭小地では日当たりに問題が多いことがありますが、この土地では問題ありませんでした。そして南側道路の土地と比較すると割安で当初土地購入に予定していたコスト配分を大きく下回ること、周辺環境も良好なこともあってこの土地で家づくりを進めることに決定しました。北側、南側道路のメリットデメリットのメモ。

最後に今回は古屋がありました。古屋込みの不動産価格なのでこの古屋を解体する費用を見込んでおく必要がありました。幸い木造1階建ての小さな古屋なので解体費用を見込んでも充分予算内でした。解体費用も相場がありますので、その時々で直接解体業者に見積もりをとってもよいし、わたしたちでも付き合いのある工務店経由でおおよその概算は想定することができます。

岩槻の家 土地探しと設計過程 その2

はじめは要望をすべて詰め込んでみるとどうなるか単純につくってみることからスタートしてみます。

車がやや出し入れがしにくいので間口を少し小さくするが、まだコストと比較してやや面積オーバー気味。

風呂の位置を変えてみるなど、様々なパターンを検討してます。ここに載せているのはほんの一部分で実際には模型も1/100で毎回製作しています。

ほぼ最終案。約2週間に1回のペースで3ヶ月ほどプランを検討しほぼ最終案へ。出来るだけプランを効率化し寸法も909㎜(3尺)ピッチで間口、桁行き(図面の奥行き方向)綺麗に整理されました。バルコニーも張り出しバルコニーにして1階に柱を無くし車の出し入れしやすくしています。

岩槻の家 土地探しと設計過程 その 03

設計する上でその土地の地盤の状況がわからないと基礎の設計が出来ません。そのため住宅ではスウェーデン式サウンディング試験という方法で地盤調査をします。建物が建つであろう場所を想定して今回は3カ所行いました。写真がその様子です。1Mの棒状のロッドを試験地点に差し込んで、重りを載せます、地盤が悪いと重りを載せただけでスーッとロッドが沈んでしまいます、ロッドは1Mごとに継ぎ足されていき、重りだけで落ちなくなるとこんどはハンドルを回します、その回した回数と重りの重量でロッドがどの程度沈んだかで地盤の固さを判断するものです。

下表がひとつのポイントの調査結果です。表の上の方が地盤面で下に行くほど深い地点のデータになります。グラフが右に行くほど地盤が固くなります。9Mを超えたあたりに砂シルトと呼ばれる支持層があることがわかります。調査結果を検討して基礎設計の検討をします。今回は鋼管を10Mまで基礎の下に打ち込む柱状改良と呼ばれる地盤改良方法で補強しました。

次は家具の採寸調査です。建て売り住宅やハウスメーカーの商品化された住宅を購入するのであれば、その間取りに合わせて家具や調度品を揃える必要がありますが、家づくりを設計からはじめる場合には現在持っている家具をどのように置いたらよいかを検討しながら素進めることが出来ます。そのためにわたしたちが設計する場合現況の家具の採寸をして設計図に入れて考えます。そして設計の中でやっぱり不要な家具、持ち込みたい家具の取捨選択をするケースが多いです。したは実際に新築する前の家にお邪魔して採寸した時の資料です。

次は敷地の現地調査です。建て主からいただく敷地図の寸法と現地の寸法が合っているかを計る作業をまずします。今回は割と敷地に余裕があるのでそれほどシビアなことはなかったですが、都心の狭小地になると現地を計らずに設計すると敷地図と現地が一致していなくて痛い目にあうこともあります。下は実際の敷地の現地調査時のメモです。ブロック塀の高さや近隣住宅の建物、窓の位置なもども調べています。

岩槻の家 土地探しと設計過程 その 04

基本的な間取りや仕様を決めるのが「基本設計」と呼ばれるもので、それから各部分の詳細な設計に入るのですが、わたしたちではその各部分の詳細を説明するときにスケッチで説明しています。いわゆる平面図や断面図は一般の人にはわかりにくく、誤解していることも多々あります。下図のようなスケッチパースであれば実際の出来上がりをイメージしやすくコミュケーションもスムースで、かつわたしたちも短時間でスケッチなら仕上げることができるからです。玄関とキッチンと洗面所のスケッチ。

打ち合わせ時に、こうしたスケッチを説明しながら建て主の要望とのすりあわせをし詳細を煮詰めていきます。

岩槻の家 土地探しと設計過程 その 05

基本設計がおわり詳細設計(実施設計)にはいると外壁やインテリアの壁、フローリングの具体的な材料のサンプルの確認や照明器具の確認、トイレや風呂なのどの設備機器の確認作業をします。下は照明器具のスペックシートです。同じように外壁、フローリングなど図面で範囲を確認できる資料を作成します。またこのスペックシートは実際にはA3なのですが、外壁などはもう少し大きなものを用意して外で日の当たる時間に確認したりと実際のイメージにより近い形で確認したりします。

岩槻の家 土地探しと設計過程 その 06

実施設計も大詰めになると設備機器のショウルーム巡りとなります。バスルーム、洗面化粧台、トイレ、キッチンなどが主な対象ですが、このショウルーム巡りのメッカは東京では新宿になります。ほぼ全ての設備機器メーカーのショウルームが新宿駅近辺に集結しています。ショウルームの醍醐味はなんと言っても原寸大の本物を体験できるということでしょう。今まで図面やカタログで見ていたユニットバスのサイズが実体験として確認できることで家づくりもよりイメージがより具体化するものです。またカタログの細かい部分まで読み込んで機能を知ることはなかなか難しくやはりショウルームで現物をみながら説明をうけるのが一番わかりやすいものです。わたしたちのここでの仕事は設計に使う予定のメーカーのショウルームに事前に行き商品が妥当なものか確かめておくことと、ショウルームによっては予約が必要な場合もあるので1日のケジュールを調整してスムースにショウルーム巡りが出来る段取りをしておくことです。

岩槻の家 土地探しと設計過程 その 07

設計が終わると、確認申請をだします。それと同時に候補になる工務店に見積もりを依頼します。今回は2社に依頼しました。見積もりには約2週間程度の時間がかかります。見積もり中は工務店から質疑を受け付け、2社が平等になるように回答を送付します。そして見積もりが提出されると、今度はわたしたちが、設計図と照らし合わせて間違いがないか確認します。その作業を終えると、2社の比較が出来るように表を作成します。それが下の表です。表の空欄には実際に各項目の見積もり金額が書かれています。比較すると多少の金額の違いはあるのですが、いくつか大きな違いがある箇所が見つかります。その原因を問い合わせて追求していくと、見積もりがどんぶりだったり、儲けすぎだったりすることがほとんどで、次第に価格が適正な金額へと是正されていきます。そのなかで当然わたしたちの経験や時には設計事務所の横のつながりなども駆使してひとつひとつの単価もチェックされていきます。

そして見積もりの査定が終わると、見積金額や、工務店の過去の仕事の実績、立地条件などを総合的に判断して施工業者決定となります。工事の請負契約は建て主と工務店の2者間で行われますが、設計事務所である、わたしたちの仕事は適正な見積価格を査定すると同時に工務店の技術力、また契約書や支払い条件が適正化など、素人である建て主が不利にならないように、アドバイスするのことも重要な仕事のひとつです。この点が抜け落ちている建て売り住宅や設計施工のハウスメーカーや工務店との大きな違いで、金額と品質面で第3者の査定を受けない住宅において適正なものが建設されているかはブラックボックスとなってしまうわけです。

お問合せはこちら

新着情報

井戸掘り体験会W.S

2015年6月6日土曜日にdpaアトリエの前庭にて井戸掘り体験work shopを開催します。dpaではかねてより「水」をコンセプトとして建築づくりを研究しています。井戸掘りは地下水利用による建築を設計するためのデータ収集用に設置することにしました。
ご興味ある方は6月6日に井戸のある住宅の展示も予定しいますのでご覧いただき、ご指導、ご意見いただければ幸いでございます。
当日、直接来ていただいてもかまいませんし、作業をしたい方はフォームにてご連絡下さいませ!
6月6日の予定
9時より準備作業、掘削開始
12時〜13時昼食
13時〜16時掘削作業
協力:シップスレインワールド株式会社

未来をのぞく住宅展

下記イベントに参加します!
ご来場をお待ちしています。
ASJ東京中央スタジオ
武蔵野市民文化会館 展示室
3/20(土)12:00〜18:00
3/21(日)11:00〜18:00
入場無料(終了しました)

リニューアル中

昨年12月末よりホームページをリニューアル中につき2月中はコンテンツの追加や内容の改訂などが多数ございますがご了承下さい。

リノベーション×建築家

ASJ武蔵野スタジオ
小金井市民交流センター B1・市民ギャラリー
東京都小金井市本町6-14-45
1/31 (土) 11:00~18:00 
2/1 (日) 11:00~18:00 入場無料 (終了しました)

dpaのフェースブック